コレステロールとお茶&コーヒーの関係 缶コーヒーは控えめに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コレステロールとコーヒーポリフェノールがコレステロールの酸化を抑える

日常的に飲んでいるコーヒーやお茶に、脂質異常を和らげる和らげる効果が確認されています。コーヒーには特有の香りとほろ苦さがありますが、この成分の1つはクロロゲン酸と言うポリフェノールです。

ポリフェノールにはコレステロールの酸化を抑える作用があり、動脈硬化の予防に役立ちます。コーヒーを全く飲まなかった人がコーヒーを飲み始めたところ、善玉コレコレステロールが1ヵ月で10%増加したと言う報告があります。

とは言え、コーヒーに砂糖やミルクをたっぷりと入れたり、甘味のついた間コーヒーを飲むのは控えめにした方が良いでしょう。糖分を過剰にとると、中性脂肪の合成が足されます。コーヒーを飲むときは砂糖やミルクは少なめにして、できればブラックで飲むことをお勧めいたします。

 

コーヒーや緑茶を生活に取り入れる

緑茶には苦味や渋みの元になっているポリフェノールの1種、カテキンが含まれています。カテキンには脂肪の吸収を穏やかにする作用があり、カテキンを強化した飲料では悪玉コレステロールの低下作用や、体重、体脂肪、ウェスト周囲型、ヒップ周囲型が減少したと言う報告もあります。

しかし、緑茶をたくさん飲むだけで、高LDLコレステロール血症が完全に治るわけではありません。動脈硬化の進行等に応じた生活改善や薬物療法など、かかりつけの医者のもとで適切な治療を受けることが大切です。その上でコーヒーや緑茶を生活に取り入れていきましょう。

緑茶に含まれるカテキンにも素敵な作用が期待できる

  • 悪玉コレステロールの上昇を抑える
  • 血圧、血糖値の上昇を抑える
  • 光アレルギー作用
  • 町内の善玉菌を増やす
  • 紫外線が肌の奥に届くのをブロック

コーヒーもお茶も、暖かくして飲んだ方が良いでしょう。冷たい飲み物は肝臓に負担がかかり、さらにか体を冷やして、血行を阻害してしまいます。特に寝起きは冷蔵庫から取り出してすぐに飲むのではなく、常温にしてから摂取するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。