青魚とコレステロール 理想的な食べ方のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新鮮な青魚が中性脂肪値を下げる
イワシ、サバ、サンマなど、背中の青い魚には、n-3不飽和脂肪酸のDHAやEPAが多く含まれています。DHAやEPAは、肝臓での中性脂肪の合成を抑える働きがあり、血液中の中性脂肪を減らす効果があります。また、血液を固める働きをする血小板が凝集するのを抑え、心筋梗塞や脳梗塞などの引き金となる血栓の予防に役立ちます。
魚には良質なタンパク質が含まれているので、食べる機会をできるだけ増やしたいものです。ただし、不飽和脂肪酸は酸化しやすいため、青魚を干物にすると、干している間に光や空気にさらされて参加する可能性があります。魚は鮮度の良いものを新鮮なうちに食べるようにしましょう。
また、魚介類にはコレステロールを多く含むものがありますが、飽和脂肪酸が少なくDHAやEPAは多いので、食べ過ぎなければ血中コレステロールの量は問題になるほど増加しません。

脂肪酸は良い働きもするのでバランスよく

ここまで3種類の主要な脂肪酸を紹介してきましたが、どれも体に有用な働きを持っているため、バランスよくとることが大切です。このバランスについては、「飽和脂肪酸は3.1一家不飽和脂肪酸は4点高風は風風子大和脂肪酸は3」の割合で取るのが望ましいとされています
目安としては、肉類は脂身を覗きながらほどほどに食べ、魚を食べる回数は多めに、植物脂はいろいろな種類を使って1日の使用量を大さじ1.5杯から2杯程度にすると、脂肪酸のバランスが整いやすくなります。

オメガ3とは
DHAやEPA、αリノレン酸が豊富な魚油(青魚に豊富)やえごま油、亜麻人油に含まれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。