コレステロール対策に大豆 1日数g積極的に摂取する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

畑の肉である大豆 脂質異常改善の強い味方
大豆は、脂質異常改善する多くの成分を含んでいる食品で、大豆タンパク、レシチン、サポニン、植物ステロールなどの成分が揃っています。
大豆は「畑の肉」と称されるほど、良質なタンパク質食品です。しかも、大豆タンパクにはコレステロールを下げる効果があります。動物性タンパクの代わりに大豆タンパクをとると、悪玉コレステロール値が低下することがわかっています。 
レシチンは、燐脂質を含む脂質成分です。大豆レシチンには血管壁に潜り込んだコレステロールを製造する働きがあり、善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減らします。

 

植物コレステロールが余分な脂質の吸収を防ぐ


サポニンは、頭を含む成分で、水と油を混ぜ合わせる乳化作用があります。この乳化作用によって、腸内で食物繊維と胆汁酸を混ぜ合わせ、体の外へ運び出すのを助けます。胆汁酸はコレステロールを材料にして肝臓で作られるので、体内のコレステロールが使われて減っていきます。植物ステロールは、植物に含まれるステロールの総称です。動物性ステロールをコレステロール、植物性のステロールを植物ステロールと呼びます。大豆に含まれている植物ステロールはカンペステロールで、余分なコレステロールの吸収を防ぎ、コレステロール値を低下させる効果があります。
大豆製品には、豆腐、納豆、油揚げ、厚揚げ、がんもどき、氷豆腐、おから、きなこ、湯葉、味噌、豆乳などがあります。食卓に登場させる機会を増やしてみましょう。
大豆製品に多く含まれるビタミンいいには不飽和脂肪酸の酸化を防ぐ役割もある事がわかっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。