コレステロール値を下げる肉があるって本当!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コレステロールをあげる代表格として名が挙がる「肉」ですが、全く止める必要はないようです。部位にもよりますが、豚肉には、コレステロール値を下げる効果がある事がわかっています。お肉を食べるなら豚肉で!コレステロール量は部位によって全然違うんです!

 

お肉の脂身を取りすぎないこと

肉の脂身には、悪玉コレステロールを増やす働きがある飽和脂肪酸が多く含まれています。取りすぎに注意する必要はありますが、肉には良質なタンパク質が含まれているので、肉の種類や部位を選びながら1日に40から60グラムは取りたいところです。牛肉は一般的に和牛の方が高脂肪、輸入牛の方が低脂肪です。体脂肪分の多い霜降り肉やバラ肉、脂身のついた肉は控えめにして、もも肉やヒレ肉などの赤身肉を選びましょう。肉を焼く際に、脂身やバターを使うと飽和脂肪酸の取りすぎにつながります。フッ素樹脂加工などのフライパンを使うと、調理油の量を控えることができます。

 

鶏もも肉や胸肉は皮を取り除く

豚肉も、脂身の多いバラ肉や肩ロース肉は控えて、もも肉やヒレ肉を選びましょう。お勧めのメニューは、豚もも肉のパイナップルソテーです。豚もも肉には「ポークペプチド」と言う成分が多く含まれています。ポークペプチドは、豚肉のタンパク質が酵素で分解されてできる特有の成分で、コレステロールを下げる作用があります。豚もも肉とパイナップルを一緒に調理するとパイナップルに含まれているタンパク質分解酵素によって、ポークペプチドが増えます。

 

鶏肉は、牛肉や豚肉よりも低脂肪のイメージがありますが、皮付きのもも肉は高脂肪です。皮を除いて調理するようにしましょう。コレステロールの含有量は、牛肉、鶏肉、豚肉、全て同じ位です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。