肉より魚を食べる。サラダ油を他の油へ変える。それだけ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不飽和脂肪酸がコレステロールと中性脂肪を下げると言われていますがどういう事なのでしょうか?ここではその理由について説明してみます。

動物性脂肪(飽和脂肪酸)と植物性脂肪(不飽和脂肪酸)

油脂は、構成成分である脂肪酸によって働きが異なります。脂肪酸に着目して、油脂の種類や割合について考えてみましょう。
脂肪酸には動物性脂肪(飽和脂肪酸)と植物性脂肪(不飽和脂肪酸)があります。飽和脂肪酸には悪玉コレステロールを増やす働きがあり、肉の脂身、乳製品などに多く含まれます。不飽和脂肪酸には、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸の2種類があります。一価不飽和脂肪酸の代表格はオレイン酸で、コレステロールを上げにくい性質があります。オレイン酸はオリーブオイルに豊富に含まれており、菜種油やアボカドにも含まれています。多価不飽和脂肪酸は、さらにn-6系とn-3型の2種類に分けられます。n-6系多価不飽和脂肪酸のリノール酸は、大豆や植物油に多く含まれており、悪玉コレステロールを減らす作用がありますが、全体善玉コレステロールまで減らしてしまいます。

コレステロール値を下げる脂肪酸もある

n-3系多価不飽和脂肪酸には、α-リノレン酸のほか、DHAやEPAがあります。α-リノレン酸には悪玉コレステロールを減らす作用が確認されており、えごま油などに多く含まれています。DHAやEPAには中性脂肪を下げ、血液の凝固を防ぐ働きがあります。イワシ、サバ、サンマなど、生の青い魚に多く含まれています。また不飽和脂肪酸の1種で、マーガリンに含まれるトランス不飽和脂肪酸には、悪玉コレステロールを増やし善玉コレステロールを低下させる作用があります。取りすぎには注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。