コレステロール対策に 1日30分の楽な運動で体質改善を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

生活習慣病予防に運動が良いのは頭でわかっていてもなかなか続けられないもの・・・。でも、実は、生活習慣病予防には、激しい運動は必要ないのです。とても簡単なものでも十分な効果が期待できるのです。

運動は悪玉コレステロールの質を良くする

運動をすると、脂肪を分解する酵素が働いて、中性脂肪がエネルギーとして消費されます。中性脂肪と善玉コレステロールは「反比例する関係」にあり、中性脂肪が減ると善玉コレステロールは増えます。善玉コレステロールが増えることによって、余分なコレステロールが回収されます。

 

悪玉コレステロールの改善には、もう少し時間がかかります。悪玉コレステロールには隆二が大きいものと小さいものがあり、小さい粒子の方が「超悪玉」です。運動を続けると小さい粒子が減って大きい粒子の割合が増えます。悪玉コレステロールの質が良くなり、血管の壁に取り込まれにくくなります。

 

 

無理のない運動を1日30分以上がポイント

このようにして、運動は中性脂肪を減らして善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールの朝悪玉を減らすことによって、脂質異常を改善し動脈硬化を予防します。

 

脂質異常を改善する運動のポイントは、「無理のない運動を、1日30分以上、秋180分以上「行うことです。この場合の無理のない運動とは、「ややきついから楽である」と感じる強度です。
はじめのうちは、無理をして30分以上続ける必要はありません。1日20分の運動を2から3回に分けて行っても、効果はあります。逆に運動時間が長いほど効果が高いかというと、決してそういうわけでもありません。1日間位がその教会で、それ以上たくさん運動しても生活習慣病を改善する効果は変わりません。無理のない強度の運動を続けて、脂質異常を改善しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。