運動でコレステロール改善 空き時間で簡単に出来る運動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

善玉コレステロールを増やす方法にはどんなものがあるのでしょうか?皆さんもよくご存知だと思いますが、一番は運動です。特に有酸素運動は有効だと言われていますが、簡単な運動でも十分効果を得られます。そんな運動をいくつかご紹介してみます。

無理なくお手軽運動
運動を始めるにあたって持病のある人は注意が必要です。高血圧、糖尿病、心血管疾患などの病気がある人、足腰などに痛みがある人は、かかりつけ医に相談してからおこないましょう。
誰でも気軽に始められる運動は、ウォーキングです。ちょっとした空き時間を利用して運動ができるので、平日の通勤時や仕事中の移動時にも行うことができます。
ただし散歩のようにのんびり歩くだけでは、効果はさほど期待できません。「ややきつい」と感じる強さの運動が最も効果的で、そのためには、ウォーキングの正しいフォームを身に付ける必要があります。背中や腰は伸ばしでも腕を前後に大きく振って大股で歩きます。かかとで着地して、つま先で切り出すつもりで、歩幅を大きく取りましょう。
最初のうちは、5分から10分ぐらい歩いてみます。慣れてきたら次第に時間や距離を伸ばし、30分で3キロのウォーキングを目安にします。あるいは万歩計をつけて1日1万歩くらいを目標にして歩くのも良いでしょう。

 

プールでの運動もかなり効果的

足腰に痛みがある場合は水中ウォーキング、アクアビクス、水泳などの運動をお勧めします。水中であれば浮力があるので、膝や腰にかかる負担は少なくなります。
運動は、すぐに効果が現れるものではありません。あきらめずに2〜3カ月位の続けるうちに、少しずつ体が軽くなり、体力がついてきたように感じられます。この頃には、きついと感じる事はなくなり、運動が楽しくなっているはずです。

 

生活の中にちょっとだけお手軽運動を!

通勤時はつり革につかまり、つま先立ち
足腰に痛みがある場合は水中ウォーキング、水泳がおすすめです

 

有酸素運動を行う

運動は「ややきつい」と感じる強さの有酸素運動であれば、何でも構いません。休日はちょっと遠い公園までウォーキングやスロージョギング、あるいは川沿いの道をサイクリングしても楽しいですね。パートナーや仲間と一緒に体を動かすと、長続きしやすくなります。スポスポーツジムに通って、スタジオでエアロビクスやダンスなどを行うのも良いでしょう。
 

生活の中にある体動かすチャンスを有効活用

家の中で行われえる運動もあります。自分のペースで気軽にできるのは、「ベンチステップ運動」です。20センチ程度の高さの台に乗ったり降りたりする簡単な運動で、足腰の筋力アップになり、高齢者の転倒予防にもつながります。机などにつかまって行えばより安全です。片足ずつ内に乗り、片足ずつ台から降りる昇降運動を繰り返します。慣れないうちはゆっくりと行い、慣れてきたらスピードアップしましょう。時間の目安は30分です。好きな音楽を聴きながら、あるいはテレビでニュースやドラマを見ながら行うのもオススメです。

このほかにも、毎朝ラジオ体操する、犬を散歩させながら遠くまで歩く、遠くのスーパーに買い物に行く、テレビを見ながらストレッチするなど、生活の中には体動かすチャンスがたくさんあります。習慣を定着させて脂質異常の改善に役立てましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。