脂質異常が引き起こす病気について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

脂質異常が原因の病気

動脈硬化による心臓、脳の大病も

脂質異常症を放置すると、動脈硬化性の疾患にかかるリスクが高まります。代表格は、「狭心症」や「心筋梗塞」などの心血管疾患です。
狭心症は、心臓の筋肉に血液を送る冠動脈に動脈硬化が起きて、血管の内部が狭くなり、血流が悪くなる病気です。胸が締め付けられるような圧迫感のある共通発作が起きます。
冠動脈が完全に詰まって血流が途絶えてしまい(心筋虚血)、心臓の筋肉が酸素不足やNPO不足になり、壊死するのが心筋梗塞です。急性心筋梗塞の共通発作は激烈で、嘔吐や冷や汗を伴います。脳に酸素や栄養を送る血管が動脈硬化によってつまり、脳の神経細胞がダメージを受けて麻痺や意識障害が起きる状態が「脳梗塞」です。「脳卒中」は、脳梗塞と、脳の血管が破れて出血する頭蓋内出血(脳出血、くも膜下出血)を合わせた呼び方で、このうち高LDLコレステロール結晶と関係が深いのはアテローム血栓性脳梗塞です。

 

内臓の病気も引き起こす

腎臓や足の血管に動脈硬化が起きて発症するのが末梢動脈疾患(PAD)」です。ほとんどの場合は足の血管に起きて、血液が十分に送られないために、一定距離を歩くと足が痛くて歩けなくなり、数分間休めばまた歩けるようになる「間欠性跛行」と言う症状が現れます。脂質異常症が起こす動脈硬化性疾患以外の病気としては、中性脂肪が肝臓に溜まりすぎる「脂肪肝」、中性脂肪が膵臓を痛める「急性膵炎」、コレステロールの石ができる「胆石症」などがあります。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。