コレステロールが引き起こす動脈硬化の仕組を知り対策を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

動脈硬化を即す3つの異常状態

「脂質異常症」は、血液中のLDL (悪玉)コレステロールや中性脂肪が多い状態、あるいはHDL (善玉コレステロール)が少ない状態です。以前は高脂血症と呼ばれていましたが、善玉コレステロール値が異常に低い(低脂血症)場合もあるため、新しい名称になりました。診断基準の値は以下の通りですが、高脂血症の診断基準であった「総コレステロール値)は、脂質異常症の診断基準には含まれません。

脂質異常症の3タイプ(高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症、高中性脂肪血症)は、どれも動脈硬化を促進しますが、特に問題になるのは悪玉コレステロールが高いタイプです。また悪玉コレステロールと中性脂肪の両方の値が高いと、より動脈硬化を促進しやすいと言われています。

 

原因は食べ過ぎと肥満

脂質異常を起こす原因には、他の病気によって血中脂質の異常が起きる場合や、遺伝的な相違による場合もありますが、最も大きな原因は食べ過ぎとそれによる肥満です。
食べ物には糖質、脂質、タンパク質などが含まれていますが、食べ過ぎると糖質が分解されたブドウ糖を原料にして、肝臓で中性脂肪がどんどん作られます。また、これらを原料にして肝臓でコレステロールも合成されます。
食べ過ぎで余ったエネルギーは、中性脂肪になって脂肪組織に蓄えられます。体脂肪が増えて肥満になると、肝臓での中性脂肪やコレステロールの合成が足され、さらに血中脂質が高くなると言う悪循環が起きます。

健康診断で以下の数値が出たら注意!日本動脈硬化学会による基準

  • 脂質代謝= HDLコレステロール(HDL)
    善玉コレステロール40mg/dl未満
  • 中性脂肪(TG)
    中性脂肪
    150mg/dl以上
  • LDLコレステロール(LDL)
    悪玉コレステロール140mg/dl以上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。