コレステロールと女性ホルモン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

脂質異常症の発症に女性ホルモンが深く関わっている

脂質異常症になりやすい年代は、男女で違いがあります。男性の場合は、30歳を過ぎた頃から中性脂肪値が増加し始め、コレステロールは年間に01mg/dlの増加があるとされています。このため男性は、45歳位から動脈硬化性の疾患にかかる危険度が増していきます。一方、女性の場合は40代までは中性脂肪値もコレステロール値も低めですが、閉経後はどちらの数値も急激に上昇します。

 

このように性差があるのは、脂質異常症の発症に女性ホルモンが深く関係しているからです。女性ホルモンは女性特有の体つきや妊娠をコントロールしています。エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があり、エストロゲンは卵子を成熟させて乳房や子宮を発達させ、プロゲステロンは妊娠に関わっています。

 

エストロゲンが動脈硬化を防いでいる

女性ホルモンのうち、治水上昇に関わっているのはエストロゲンです。エストロゲンには肝臓のLDL受容体を増やす作用があるため、エストロゲンが十分に働いているときには、悪玉コレステロールが順調に肝臓に取り込まれて、血液中の悪玉コレステロールが増えにくい状態になります。
また肝臓では、エストロゲンによって善玉コレステロールの合成が促進されるため、善玉コレステロールは増加しやすくなります。エストロゲンには、悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、血管の内側の細胞を守る働きもあります。つまり閉経前の女性は、女性ホルモンによって動脈硬化から守られているのです。

 

更年期以降は特に注意が必要

閉経後は脂質の調整作用が弱くなる
女性は50歳前後になると、女性ホルモンの分泌が急激に減って閉経を迎えます。40代後半から50代前半にかけて、閉経を挟む数年間を「更年期」と呼びますが、この時期には更年期特有の症状(ほてり、のぼせ、冷え、血圧の上下、精神的な症状など)が起きやすくなります。同時にコレステロールなどの脂質を調節する作用が弱くなり、生活内容に変化がなくても脂質異常症を起こしやすくなります。
実際に、脂質異常症が疑われる人の割合を年代別に男女で比較してみると、閉経前の女性は男性よりも低いのに対して、閉経を迎えて女性ホルモンの影響が消えていく60代以降は、男性とほぼ同じになります。(厚生労働省「国民健康、栄養調査」2011年)

 

内臓脂肪が蓄積しやすくなり悪玉コレステロールが増える

このようにして更年期以降の女性は脂質異常を起こしやすく、動脈硬化性の疾患を発症しやすくなります。心疾患による死亡数を年代別に男女で比較してみると、50代までの女性はとても少ないのですが60代から少しずつ増えて、80代になると男性とほぼ同じになります。(厚生労働厚生労働省「人口動態統計」2011年)
また更年期以降の女性は、肥満にも注意が必要です。女性ホルモンは女性らしい体つきを保つ働きがあるので、皮下脂肪増やし、内臓脂肪の蓄積を抑えていました。しかし閉経後は内臓脂肪が蓄積しやすくなるので、血糖値を下げるインスリンの働きが妨げられ、悪玉や超悪玉コレステロールが増えやすくなります。

 

動脈硬化を始め学習上女性特有の病にも注意が必要

閉経前後に現れる各種症状

    1. 更年期症状
    2. 膝壁萎縮
    3. 頻尿生殖器症状
    4. 皮膚萎縮
    5. 切迫尿失禁
    6. 骨粗しょう症
    7. 動脈硬化
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。