コレステロールの基礎知識

コレステロール値や中性脂肪値が高い。人間ドックや健康診断の結果を受けて、この文言が出てきたとき、(じゃぁ下げるにはどうすればいいの?)と思うことでしょう。
そもそもコレステロールや中性脂肪って一体何なのか。。われわれは以外にその実態を知らないものです。
このここではそんなコレステロール、中性脂肪について学び、さらに男女による生産も含めてその理解を深めることで、体質変える改善への第一歩を踏みだすことを目的とします。

コレステロールと女性ホルモン

脂質異常症の発症に女性ホルモンが深く関わっている

脂質異常症になりやすい年代は、男女で違いがあります。男性の場合は、30歳を過ぎた頃から中性脂肪値が増加し始め、コレステロールは年間に01mg/dlの増加があるとされています。このため男性は、45歳位から動脈硬化性の疾患にかかる危険度が増していきます。一方、女性の場合は40代までは中性脂肪値もコレステロール値も低めですが、閉経後はどちらの数値も急激に上昇します。

 

このように性差があるのは、脂質異常症の発症に女性ホルモンが深く関係しているからです。女性ホルモンは女性特有の体つきや妊娠をコントロールしています。エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があり、エストロゲンは卵子を成熟させて乳房や子宮を発達させ、プロゲステロンは妊娠に関わっています。

 

エストロゲンが動脈硬化を防いでいる

女性ホルモンのうち、治水上昇に関わっているのはエストロゲンです。エストロゲンには肝臓のLDL受容体を増やす作用があるため、エストロゲンが十分に働いているときには、悪玉コレステロールが順調に肝臓に取り込まれて、血液中の悪玉コレステロールが増えにくい状態になります。
また肝臓では、エストロゲンによって善玉コレステロールの合成が促進されるため、善玉コレステロールは増加しやすくなります。エストロゲンには、悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、血管の内側の細胞を守る働きもあります。つまり閉経前の女性は、女性ホルモンによって動脈硬化から守られているのです。

 

更年期以降は特に注意が必要

閉経後は脂質の調整作用が弱くなる
女性は50歳前後になると、女性ホルモンの分泌が急激に減って閉経を迎えます。40代後半から50代前半にかけて、閉経を挟む数年間を「更年期」と呼びますが、この時期には更年期特有の症状(ほてり、のぼせ、冷え、血圧の上下、精神的な症状など)が起きやすくなります。同時にコレステロールなどの脂質を調節する作用が弱くなり、生活内容に変化がなくても脂質異常症を起こしやすくなります。
実際に、脂質異常症が疑われる人の割合を年代別に男女で比較してみると、閉経前の女性は男性よりも低いのに対して、閉経を迎えて女性ホルモンの影響が消えていく60代以降は、男性とほぼ同じになります。(厚生労働省「国民健康、栄養調査」2011年)

 

内臓脂肪が蓄積しやすくなり悪玉コレステロールが増える

このようにして更年期以降の女性は脂質異常を起こしやすく、動脈硬化性の疾患を発症しやすくなります。心疾患による死亡数を年代別に男女で比較してみると、50代までの女性はとても少ないのですが60代から少しずつ増えて、80代になると男性とほぼ同じになります。(厚生労働厚生労働省「人口動態統計」2011年)
また更年期以降の女性は、肥満にも注意が必要です。女性ホルモンは女性らしい体つきを保つ働きがあるので、皮下脂肪増やし、内臓脂肪の蓄積を抑えていました。しかし閉経後は内臓脂肪が蓄積しやすくなるので、血糖値を下げるインスリンの働きが妨げられ、悪玉や超悪玉コレステロールが増えやすくなります。

 

動脈硬化を始め学習上女性特有の病にも注意が必要

閉経前後に現れる各種症状

    1. 更年期症状
    2. 膝壁萎縮
    3. 頻尿生殖器症状
    4. 皮膚萎縮
    5. 切迫尿失禁
    6. 骨粗しょう症
    7. 動脈硬化

脂質異常が引き起こす病気について

脂質異常が原因の病気

動脈硬化による心臓、脳の大病も

脂質異常症を放置すると、動脈硬化性の疾患にかかるリスクが高まります。代表格は、「狭心症」や「心筋梗塞」などの心血管疾患です。
狭心症は、心臓の筋肉に血液を送る冠動脈に動脈硬化が起きて、血管の内部が狭くなり、血流が悪くなる病気です。胸が締め付けられるような圧迫感のある共通発作が起きます。
冠動脈が完全に詰まって血流が途絶えてしまい(心筋虚血)、心臓の筋肉が酸素不足やNPO不足になり、壊死するのが心筋梗塞です。急性心筋梗塞の共通発作は激烈で、嘔吐や冷や汗を伴います。脳に酸素や栄養を送る血管が動脈硬化によってつまり、脳の神経細胞がダメージを受けて麻痺や意識障害が起きる状態が「脳梗塞」です。「脳卒中」は、脳梗塞と、脳の血管が破れて出血する頭蓋内出血(脳出血、くも膜下出血)を合わせた呼び方で、このうち高LDLコレステロール結晶と関係が深いのはアテローム血栓性脳梗塞です。

 

内臓の病気も引き起こす

腎臓や足の血管に動脈硬化が起きて発症するのが末梢動脈疾患(PAD)」です。ほとんどの場合は足の血管に起きて、血液が十分に送られないために、一定距離を歩くと足が痛くて歩けなくなり、数分間休めばまた歩けるようになる「間欠性跛行」と言う症状が現れます。脂質異常症が起こす動脈硬化性疾患以外の病気としては、中性脂肪が肝臓に溜まりすぎる「脂肪肝」、中性脂肪が膵臓を痛める「急性膵炎」、コレステロールの石ができる「胆石症」などがあります。

 

 

コレステロールが引き起こす動脈硬化の仕組を知り対策を

動脈硬化を即す3つの異常状態

「脂質異常症」は、血液中のLDL (悪玉)コレステロールや中性脂肪が多い状態、あるいはHDL (善玉コレステロール)が少ない状態です。以前は高脂血症と呼ばれていましたが、善玉コレステロール値が異常に低い(低脂血症)場合もあるため、新しい名称になりました。診断基準の値は以下の通りですが、高脂血症の診断基準であった「総コレステロール値)は、脂質異常症の診断基準には含まれません。

脂質異常症の3タイプ(高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症、高中性脂肪血症)は、どれも動脈硬化を促進しますが、特に問題になるのは悪玉コレステロールが高いタイプです。また悪玉コレステロールと中性脂肪の両方の値が高いと、より動脈硬化を促進しやすいと言われています。

 

原因は食べ過ぎと肥満

脂質異常を起こす原因には、他の病気によって血中脂質の異常が起きる場合や、遺伝的な相違による場合もありますが、最も大きな原因は食べ過ぎとそれによる肥満です。
食べ物には糖質、脂質、タンパク質などが含まれていますが、食べ過ぎると糖質が分解されたブドウ糖を原料にして、肝臓で中性脂肪がどんどん作られます。また、これらを原料にして肝臓でコレステロールも合成されます。
食べ過ぎで余ったエネルギーは、中性脂肪になって脂肪組織に蓄えられます。体脂肪が増えて肥満になると、肝臓での中性脂肪やコレステロールの合成が足され、さらに血中脂質が高くなると言う悪循環が起きます。

健康診断で以下の数値が出たら注意!日本動脈硬化学会による基準

  • 脂質代謝= HDLコレステロール(HDL)
    善玉コレステロール40mg/dl未満
  • 中性脂肪(TG)
    中性脂肪
    150mg/dl以上
  • LDLコレステロール(LDL)
    悪玉コレステロール140mg/dl以上

善玉と悪玉コレステロール 2分でわかる善悪の違い

悪玉と善玉の違いって何?

悪玉善玉の違いは「リポたんぱく」
「善玉コレステロール」「悪玉コレステロール」と言われますが、コレステロール自体に善悪があるわけではありません。善玉や悪玉には、血液中を流れるコレステロールの乗り物である「リポ蛋白」と言う物質に違いがあるのです。

 

肝臓で作られたコレステロールは、血液に乗って全身に運ばれていきます。それを運ぶ仕事をするのがLDLと言うリポタンパクです。LDLが必要とする細胞にコレステロールを届けると言う重要な役割を果たしていますが、血液中に増えすぎて流れが渋滞するとコレステロールを血管の中に置き去りにする性質があります。置き去りにされたコレステロールは血管壁にたまって動脈硬化の原因となることから、LDLは悪玉と呼ばれています。

 

血中に長く留まる小型LDLは超悪玉

逆にHDLと言うリポタンパクは、全身の組織で余ったコレステロールを回収します。血管壁にたまったコレステロールも回収する、いわば掃除役です。動脈硬化の予防に働くので、HDLは善玉と呼ばれます。

 

動脈硬化を進行させる悪玉のLDLコレステロールはサイズがまばらです。中でもつぶ貝粒が小さくて比重が重いものを「小型LDL」、または「スモールデンスLDL」と呼びます。このサイズの小さなLDLは「超悪玉」。粒子が小さいので通常のLDLよりも欠陥のない壁に侵入しやすく長く留まります。酸化されやすい性質があり、動脈硬化を促進する力が強いのでとても危険です。中性脂肪値の高い人は、朝悪玉コレステロールを多く持つ傾向があることがわかっています。

コレステロールとは その仕組みを知り正常値(〜130g)へ

コレステロール・中性脂肪って何なの?そんなに大事なものなの?この2つは、人間が生きて行くには欠かせないものです。まずはこの2つの基礎を理解します。

 

コレステロールがないと生きていけない

コレステロールと中性脂肪は、どちらも脂質の仲間です。人間の体に欠かせない大切な成分で、血液の流れに乗って必要な部位に届けられます。
コレステロールは私たちの体内に常に100から150グラム存在しています。主に3つの役割があり、「細胞膜を作る材料」となるほか、性ホルモンなどの「ホルモンの材料」となり、胆汁の成分である「胆汁酸の材料」にもなるなど、生命の維持に欠かせない物質です。
このため、コレステロールは1日あたり1から2グラムを補充する必要があります。食物から取り入れることができるのはこのうち約3割で、残りの約7割は主に肝臓で合成されます。

健康な人であれば全体がちょうど良い量に収まるように調節する仕組みが働いています。ところが何らかの原因によって血液中の子コレステロールが増えすぎてしまうとバランスが崩れてしまうことがあります。

 

中性脂肪はエネルギーの貯蔵庫

中性脂肪の主な役割は、「エネルギーの貯蔵庫」です。私たちの体を動かすエネルギー源は、食事で摂る糖質、脂質、タンパク質などから作られます。そして使い切れずに余ったエネルギーは中性脂肪となって、皮下脂肪や内臓脂肪に蓄えられます。
食事から摂る脂肪(融資)のほとんどは中性脂肪です。このほか、ご飯やパンなどの主食や砂糖などに含まれる糖質も、肝臓で中性脂肪に合成されます。食事をとりすぎたり、運動不足でエネルギーの消費が10分でないと、血液中の中性脂肪が増えてしまいます。